注目キーワード
  1. 子犬
  2. 出産
  3. おすすめ

【コラム】犬の花粉症について

犬の花粉症について

犬の食物アレルギーにお悩みの方は多いため、犬にもアレルギー症状があるということは多くの方もご存知かと思います。

人間と同じように、犬にも食物アレルギーだけでなく、花粉によるアレルギー症状があることをご存知でしょうか?

犬の花粉症の症状について

人間の花粉症の場合、鼻水や目の痒みが多いかと思います。アレルギー症状のきつい方は、喉の痒みや肌トラブルで悩まされるかと思います。

しかし、犬の場合はアトピー性皮膚炎を発症することが多いと言われています。

犬の花粉症の主な症状

  1. アトピー性皮膚炎症状(これが最も多い)
  2. アレルギー性鼻炎・気管支炎・外耳炎 など

主な花粉症のアレルゲン

花粉の飛散時期は、スギ花粉が2~4月、ヒノキ花粉が3~5月、イネ科の花粉が5~10月、ブタクサが8~11月と、ほぼ半年にわたります。

犬の場合、スギ花粉症状が最も多く、次いでヒノキ、イネ科、ブタクサが続きます。

2月中旬くらいから、上記のような症状が見られ始める場合には、スギ花粉症を疑っても良いかも知れません。

Peachさん
「コーギー版 家庭犬の医学」P135で「アレルギー性皮膚炎」について解説されていますので、ぜひご一読ください。まだ「コーギー版 家庭犬の医学」をお持ちでない方は、ぜひこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか?お勧めの一冊です。

花粉症対策について

もしもご自身のワンちゃんが花粉症の場合、人間と同じように、花粉にあまり触れないような対策をとられることをお勧めします。

具体的には、次の対策が有効です。

  1. 花粉除けの洋服(花粉が吸着しにくい生地を選ぶ)を着せる
  2. 飛散が多い日の散歩は控える(雨の日の翌日は花粉の飛散量が増加します。Yahoo天気等で花粉の飛散量をチェック)
  3. 昼の2時前後と夕方6時から7時までの散歩は飛散量が多いため避ける
  4. 帰宅後、毛についた花粉を落とす
  5. 空気清浄機を使い、部屋に入った花粉を除去する(ワンちゃんは人間より床に近いところで生活しているため、拭き掃除も有効)
  6. 生の野菜や生の果物は与えないようにする
    (花粉のアレルゲンに対するIgE抗体が、生野菜や果物のアレルゲンと構造が似ているので、IgE抗体が構造の似たアレルゲンと反応することがあり、これを「交差反応」と言います)

毛についた花粉の除去方法

犬の場合、人間と違い毎日シャンプーができないため、毛についた花粉を除去することにもひと工夫が必要です。

  1. ボディタオルなど湿った布で拭き取る
  2. ドライシャンプーと櫛を使って花粉を落とす

ペットショップなどで売っている、ボディタオル(大判のウエットティッシュみたいな商品)で体の表面を拭いてあげることで、毛についた花粉を除去することができます。

また、ドライシャンプーを活用し、櫛で毛を解かしてあげることでも花粉を除去することができます。

Peachさん
Peach LilyのWebショップでもドライシャンプーを取り扱っています。ぜひWebショップをのぞいてみてください。
Peach Lily Dog

パーフェクションは100%全ての原材料に、厳選された天然素材そしてヒューマングレード(人間が食べる食材と同じ)を使用した…

 

Peachさん
人でもつらい花粉症。犬にとってもつらさは一緒です。
予防策を取りながら、少しでも疑わしい時にはすぐに動物病院に相談することをおすすめします。

Peach Lilyではワンちゃんに関するお悩みを少しでも解決できる情報を発信しています。

この記事に興味があった方は、記事下のSNSアイコンをクリックして、ぜひシェアしていただけると幸いです。

最新情報をチェックしよう!